とろっとろぐ

楽に生きてく方法を探してるけど見つからないよ!

【感想レビュー】VR ZONE Osakaでデートしてみた 関西の新デートスポットはここで決まり!

3連休に旦那と「大阪デートをしよう」ということになり、大阪の街へ繰り出しました。

目的は、HEP FIVEにできたVRZONE大阪に行こう!というものです。

 

とりあえず、お昼ご飯に大阪で超有名なラーメン屋さん「人類みな麺類」というところにいってきました。

 

食べログ大阪3位?「人類みな麺類」で麺類になってきた

店名    :人類みな麺類

最寄駅:大阪メトロ 西中島南方

            JR 新大阪駅(ちょっと遠いです)

URL    :http://www.jinrui-minamenrui.com

 

昼2時くらいでしたが、1時間以上並びましたが、ラーメンを食べた後は並び疲れたこともすっかり忘れて、満足しました。

なんといってもスープが美味しかったです。

鰹出汁?を使った魚系の味なのに、しっかりと濃い味になってました。

上に乗ってるドーン!と乗ってるチャーシューがまた油高くなさすぎず、魚系のスープとすごくマッチしてました。

西中島南方は、観光スポットではないですが、ラーメン屋には是非行ってみてください。

 

VRZONE大阪に行ってみた 

と、今回は、ラーメンの話がしたかったのではなく。。

ラーメンでお腹いっぱいになった後、梅田に戻り2018年秋(9/13)にオープンしたVRZONE大阪に行ってきました。

 

f:id:torororo106:20180917212509j:image

 

場所    :大阪府大阪市北区角田町5-15

            HEPFIVE 8F、9F

最寄駅:梅田駅から徒歩5分

            JR大阪駅 御堂筋口から徒歩4分

                ※駐車場はありません。

 

私はあまり乗り気ではなかったんですけどね。

旦那が行きたいっていうから仕方なく。

 

なんで乗り気じゃないのかって?

だって、私の中のVRのイメージって、高い所を体験しよう!とかゾンビを体験しようって感じじゃないですか?

 

私、高い所嫌いですし、ホラーも嫌いなんです涙

ただ、旦那も私以外行く相手いないし、私も嫌なことを避けてばっかりはダメだなと思い、行ってきました。

 

VRZONE大阪に入ってみた

値段は、大人一人4アクション遊べて4400円(2人だと400円引きで8000円)と少し高いと感じました。

 

f:id:torororo106:20180917213414j:image

入場するときに、パンフレット、赤いアイマスク、入場券、アトラクション券(写真無し)をもらえます。

 

赤いアイマスクは、VRの機器を顔につけるときに、直でつけないようにVR機器の下にフェイスカバーのようなものです。

 

入場券をかざし入ってみた所、あまり人はおらず行列のストレスを感じることなくアトラクションに乗れました。

 

目玉のアトラクションだと思われる「ゴジラVR」でも、45分〜60分待ちでした。

他のアトラクションは、大体0分〜15分待ちで楽しむことができました。

 

4つのアトラクションで遊んできたので、感想を書いていこうと思います。

(上で目玉と書いた「ゴジラVR」は行かなかったです)

 

ネタバラシはしていないつもりですが、嫌な方はここで、リターンください。

 

大量破壊VRシューティングギャラガフィーバー 

f:id:torororo106:20180917215152j:image

 

楽しかった度:★★★★☆

怖かった度   :★☆☆☆☆

おススメ度   :★★★☆☆

 

地球に侵略してきたギャラガという謎の生物をVRガンで打ちまくって倒すというものです。

 

VR内で高いところに上がり、ガンを打ちまくって迫り来るギャラガを倒しまくります。

 

ギャラガから放たれるビームに当たるとゲームオーバーのようですが、基本的に交わすことができと思います。

その他難しい操作もなく、ガンで打ったギャラガがバラバラになるのはなんとも爽快でした。

 

VR体験を初めてする人はおススメです。

また、操作も簡単なので、お子さまと楽しく遊べると思います^_^

 

ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)

f:id:torororo106:20180917220004j:image

 

※ホラー嫌いの私目線

楽しかった度:★☆☆☆☆
怖かった度   :★★★★★
おススメ度   :★☆☆☆☆

 

※ホラー好きの旦那目線

楽しかった度:★★★★☆
怖かった度   :★★★☆☆
おススメ度   :★★★★☆

 

目が覚めるとなぜか廃病院で車椅子に拘束されています。

制限時間内に一緒に拘束されている友達と共に脱出しなければ、ゾンビ(ではないけどなんかすごい怖いやつ)に殺されてしまいます。

 

このアトラクション、私は行く気さらさらなかったのですが、アトラクションで遊んでる人の悲鳴が鳴り響いてた為、旦那が興味を持ち連れて行かされました(悲鳴あげてた人達恨んでやる〜涙)

 

このアトラクションは2人〜4人用です。

途中で友達と協力?するポイントがあります。

 

先ずは、VR内に入る前に名前を入力します。

1〜4番を選ぶことができ、番号によってストーリーも異なるそうです。

 

VR内では、初めの5秒くらい友達と一緒に行動するのですが、すぐに逸れてしまいます。

で、後から合流します。

 

私の感想としては、とにかく怖かった。

普通のお化け屋敷やゲームよりも、容赦なく間近に迫ってくるのがただただ恐怖でした。

 

レバーを前に押すと進めるのですが、私は怖すぎるので目を閉じたまま、とりあえずレバーが壊れるのでないかというくらい前に倒しまくってました。

(力を入れても進む速度は変わりません)

 

ちなみに、友達のうちリタイアをした場合、ゾンビにやられた場合は、他の友達が処刑されて殺されてしまいます。

 

ちなみにスタッフさんの一番怖い番号は「3番」って言ってました。

旦那が3番だったのですが、話を聞くと確かに4番だった私より怖そうな気がしました。

 

怖いのが苦手な方で、どうしてもこのアトラクションに行かないといけない場合は、3番以外を選択するようにしてください。

(少しでも世の怖がりさんが救われますよう、このアトラクション行った時点で救われませんが)

 

極限度胸試し 高所恐怖SHOW

f:id:torororo106:20180917222033j:image

 

楽しかった度:★★★☆☆
怖かった度   :★★★☆☆
おススメ度   :★★★★☆

 

地上200mのビルの上に何故か木の板一枚があり、そこに迷い込んだ子猫を救出します。

 

地上から200mの眺めがなんともリアルでした。

高いところは好きではないのですが、適度に怖く適度に楽しかったです。

ちなみに、脱出病棟で楽しんでた旦那はこっちの方が怖かったそうです。

 

f:id:torororo106:20180917222558j:image

 

写真は旦那です。

手前にある黒い物体(VR内では猫です)を無事取りに行けばオッケーです。

 

VR外から見てると体験してる人がこの板の上でびびってたりするので、すごく滑稽です笑

 

スリルも楽しめるし、外から見たVR体験者さんも見ることができるので、おススメです。

 

ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空 

f:id:torororo106:20180917223209j:image

 

楽しかった度:★★★☆☆
怖かった度   :★☆☆☆☆
おススメ度   :★★☆☆☆

 

(ガンダム知識0の私より下記説明)

ガンダムの手に乗り、お台場上空(120m)へ行きます。

ガンダムの手にしっかりとつかまり、敵?との戦いを間近で見せてくれます。

 

f:id:torororo106:20180917224014j:image

 

あの黒いのに座ります。

黒い棒がガンダムの指なので、黒い棒にしがみつき、ガンダムの戦いを間近で体験します。

 

イメージとしては、USJの3Dアトラクションのような感じです。

間近で見るガンダムの戦いはすごくリアルでしたし、なんたって映像が綺麗でした。

ただ、どことなく知ってる感(USJとかで味わった感)があるので、おススメ度は星2つにさせてもらいました。

 

ガンダムファンの方だったら、興奮度はマックスだと思います。

 

私も旦那も脱出病棟と猫を助けるのでバテバテだったので、ガンダムの手の中でゆったりと楽しめてよかったです。

 

VRZONEOsakaに行ってきたまとめ

VRZONEは、雨の日でもラウンドワンに行くような感覚で行くことができますし、新デートスポットには最適だと思いました。

 

ただ、恐怖体験だったりもあるので、怖がりさんとデートする時は、行きたいアトラクションを調べておいた方がいいかもしれませんね。

 

あと、アトラクション後には、しっかり休息を取った方がいいと思います。

VRだからなのか、恐怖体験だからなのかはわかりませんが、疲れやすいように感じました。

 

怖がり代表の私とろろ的には、怖い想いもたくさんしましたが、新しい体験ができてすごく満足して帰りました。

次の会社の朝礼のネタができました笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。