とろっとろぐ

楽に生きてく方法を探してるけど見つからないよ!

仕事ができる私であるために。今日もわかっていて先輩の褒め言葉に乗せられる。

社会人になってから数年経った今、私には新人の頃から今に至るまで、ずっとプロジェクトが同じでずっと私の先輩をしている人がいます。

 

先輩は頭が良くて人当たりがよく、後輩の面倒見もいい、すごく頼れる理想の先輩です。

 

 

 

私はその人に依存しているように思います。

 

好きとか憧れという話をしているわけではありません。

私には旦那もいますし、そもそもその先輩のようにパーフェクトな人はタイプじゃありません。

恋愛感情は抜きにして、お読みいただければと思います。

 

 

 

その先輩は褒めて伸ばすタイプです。

 

自分に自信が持てない私のいいところを見つけては、褒めてくれます。

できてないところは、「こうしたらできるよ。少しずつできるようになってるよ。」とアドバイスをくれます。

きっと誰もが思う理想の先輩だと思います。

 

しかし、半年に一回あるかないかですが、機嫌が悪い時に結構ひどいことをいってきます。

 

それは先輩の心の余裕がないときに吐かれる言葉だと思ってます。(多分あってます)

 

その言葉を気にしてはいけないと思うのですが、普段の優しい雰囲気からのギャップからか、すごく凹んでしまい仕事もプライベートも上手くいかなくなります。

 

 

 

こう話しをしていると、私は先輩に頭が上がらないように見えるかもしれませんが、私と先輩は仕事では上下関係ありますが、それ以外は対等です。

私は感情が表に出やすいので容赦なく、苛立ちを表しますし、言いたいことを好き放題言います。

仕事に対する意見もたくさん言いあいます。

 

先輩が考えてることは言われなくてもだいたいわかります。

逆もしかりで、だいたい何考えてるかお見通しです。

 

 

 

先輩と私は、誰が見てもすごく信頼関係があると思います。

それは周りよりも自分自信が一番わかっています。

すごくいいことですが、私の仕事におけるモチベーション、浮き沈み、好調不調など全てが、先輩によって左右されているのも事実です。

 

先輩が褒めてくれると自分は仕事ができる人かも、っと好調に感じます。

先輩にひどいことを言われると自分はできないやつだ、とドン底の気分になります。

 

 

 

今の私において、仕事に対する感情がその先輩ありきになってしまっている、その先輩がいなくなったらどうなってしまうのか想像できない、したくない自分がいます。

 

先輩も私も無意識のうちにお互いを都合のいいように使っているのだと思います。

 

私は、私が仕事に対して好調であるために先輩が褒めるようにしむける。

先輩は、仕事をいい感じに進めるために私を褒めて気分良くさせる。

 

それは私たちがよくわかっています。

(多分先輩は無意識だと思いますが)

 

依存している・されている関係にあるのをお互いよくわかっているけど、見て見ぬ振りをして仕事をしています。

 

本当はダメだと思っています。

この依存の先には、少なくとも私にはよくないことになるのがわかっています。

 

 

先輩に左右されない、人に左右されない私になりたい。

どうしたら変われるのか、答えがわからないまま、今日も気分良く仕事を終えました。

 

 

 

今感じていることなのでオチはないです。

申し訳ございません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。