とろっとろぐ

楽に生きてく方法を探してるけど見つからないよ!

なぞかけ。ワールドカップとかけて会社と解く、その心はどちらも結果が出れば評価されるでしょう。

今日気になった言葉。

 会社の後輩が話していたことである。

 

ワールドカップが始まる前の日本選手の評価は低かったが、ベスト16に入った後の日本選手は英雄かのように評価されている。

結果に対する過程など気にも止めず、結果がでなければ叩き、結果でればすぐさま手のひらを返して高評価をする。

もちろん低評価をしているのも高評価をしているのも、私たち観客である。

  

当の選手以外の人からすれば所詮、目に見えない過程よりも目に見える結果が全てである。

 

その後輩は続ける。

仕事もワールドカップと同じだと。

所詮は、仕事の過程よりも最終結果が周りからは評価される。

だから、自分も高評価をもらえるように、いい結果を出すよう精進したい。

 

 

その通りなのだがモヤモヤする 

ワールドカップを真剣に見てたわけでもない私でも、今回の出場選手の評価は高い。

それはなぜか、皆が騒ぐからだ。

なぜ騒ぐのか、それは結果が出ているからだ。

私は、目に見えて結果が出ているものは、評価されて当然だ、目に見えないものは知らないから評価に値しない(そのつもりなくても、結果そのようになってしまっている)と思う反面、ワールドカップを自分の仕事にとあてはめたときには、モヤモヤしてしまった。

 

 

今回のワールドカップでいい結果を出せたのは、当選手達の努力はもちろんのこと、今まで結果を出さず試行錯誤した先人選手達や、日々の練習を陰ながら支えてきた人達の上がいないとなかったもののはずだ。

そんなことわかっていても、選手だけを評価している自分がいる。

 

 

では仕事だとどうだろう。

私はSE職なんで、プロジェクトに携わるプレーヤーだ。

プロジェクトで評価をもらえるときは、当然よい結果で終わった時である。

その中でも、一番評価をもらえるのは、突出して上手くマネジメントしたリーダーや、仕事が早く正確な技術者である。

 

 

その人にノウハウを教えた先輩や、仕事をとってきた営業の人もいるが、結果を出した人ではないからそんなに評価されない。

 

 

 本当は色んな人に支えられて、プロジェクトが成功してよい結果が出ているはずなのに、実際に携わっていた人や、目立っていた人だけが評価される。

 

 

評価されない人(していないことにも気づいていない)がいるから、評価される人がいるわけで、自分が評価される対象でなかった場合はすごく辛い。

 

 

結果を出せなかったって、評価はされたい。

 

ワールドカップをみて思ったこと 

何がいいたいかというと、仕事で上手く結果を出せずに評価されないとモヤモヤしている自分がいるくせに、ワールドカップなど自分が当事者でない場合は、結果だけで判断をして結果を出した人だけを評価している。

 

 

結局はそういうものなのだ。

だから、私も会社のいちプレーヤーとして、評価をもらうために、過程もだが結果ださないといけないのだなと思った。

 

 

結果を出さずに過程で評価を得るなら、何かと比べて、過程がよかったという結果を出さなければならないのだ。

 

 

結局、評価されるということは、何かで結果を出しているということなのだ。

 

 

補足、ワールドカップに出ている日本選手は皆評価をもらうために頑張っていると行っているわけではないです。

あくまで、私の今日の私情をはさんだ今の気持ちです。

ご静聴ありがとうございました。